WEBデザイナーじゃないけどWEBの仕事やってます

「ホームページを作ってます」=WEBデザイナーと思われてしまってます。

そらそーだよね、だって、ホームページって見た目大事だからデザインできるって思いますよね?

キッパリいいます。

わたし、デザイン苦手です。

あ、デザインっていっても情報を整理すると言う意味ではデザインするんですが、「訴求力のあるビジュアルを作る」のが苦手なのです。

企業さんのホームページを依頼された時は、ビジュアルについてはデザイナーさんにお願いしております。

プログラムもあまり得意ではありませんので、たとえばWordPressで企業さんのホームページを作る時は、デザナーさんにデザインをおまかせし、プログラマーさんにテンプレートに適用していただきます。

わたしがやってるのは、裏方のお仕事。

  • お客様にヒアリングして発信したいことを聞き出だす
  • 構成を決める
  • お客さんに見てもらう方法を決める
  • SEOを対策する
  • 内容を吟味したり、原稿を書いたりする
  • お客様からのご要望をデザイナーさんやプログラマーさんに伝える

などなどです。

ご予算が厳しくて、デザイナーさんに依頼できない客さまの場合は、自分自身でデザインをすることはありますが、身悶えしながら作っております。

そうなのです、デザイナーさんプログラマーさんにお願いすると予算がどうしても跳ね上がって、しまって、個人でお仕事されてる方にはちょっとお高めになっちゃうのです。

それがあって、長いことホームページの仕事はオープンにせず、知り合いからお願いされた、会社やショップさんの仕事のみやっておりました。

お客様と接していて、「情報を整理して構成を決めたり、売り方を考えたり、運用可能なように協力したり、お客さんの想いや考えを引き出してそれを表現したり」ということが一番手がかかり、お客様だけではナカナカ進まないという点だということを実感しています。

個人で仕事をされている方も、ここがうまく行ってないというのも、ペライチのモニターをさせていただいて感じていました。

最近はWordPressのテンプレートがよくなったり、ペライチやJimdoなど、ちょっとおしゃれなテンプレートを持ったホームページ作成サービスも増えてきました。

これらは、お気に入りの写真をうまく使えば、見た目も素敵なホームページが出来上がってしまうのです。
ペライチ、Jimdoなら自分で構築することも可能だし、WordPressは枠があって内容が決まればほとんど自分で更新することはできます。

  • 最初に想いや商品をまとめる
  • ツールを選ぶ
  • ホームページのルールを伝える
  • 検索エンジン対策などの各種設定を伝える

これをわたしがやって、あとは作成方法や素材の選び方などをレクチャーすれば、お客様側でホームページを作って運用できるのです。

作成方法のレクチャーは、インストラクター歴25年だから、ご安心ください。

わたしの得意な部分を提供し、苦手なデザインはそもそも存在するWEBサービスに任せて行うホームページサポートです。

それに加えて、わたしは一人コツコツ作る作業より、複数のメンバーであれこれ言いながら構築していくほうが、より良いサイトを作る自信があるのです。

だからこそ、お客様と二人三脚で作成する、「WEB作成サポート」というやり方がとても好きだし、企業さんのサイトもそれができるところは成果が上がっているのです。

デザインは苦手ですがWEBの仕事やってます。

ホームページを作りたいけど、何からはじめていいかわからない方。

特にサロンをオープンされたり、ブログはあるけどぼちぼちホームページがほしいとお考えの方。

または、新しいサービスを始めたから、ホームページを作り直したいけど、予算はなるべく抑えたい方。

ご自分でホームページを作ってみませんか?

ご予算に合わせて作成サポートさせていただきます。